マナートップ

入学祝い

入学祝い

 

門出を祝して

子どもにとって、小学校、中学・高校、大学への入学は、人生の大きな節目です。
卒業と入学は時期がかさなりますが、「門出を祝して」入学祝いを贈ります。

基本的には、両親や祖父母など身内の人間が贈ります。
両親、祖父母やおじ・おば、ごく親しくしている友人が集まり、内輪だけでささやかに、会食の席を設けることもあるようです。

子どもの祝事に関しては、義理で行う必要はなく、知人、職場の同僚などの間柄では、お祝いをしなくても失礼にはあたりません。

入学祝い


御祝金

  • お祝いを贈る時期:入学の1週間から10日前までには贈ります。なるべく早いほうがよいでしょう。
  • 金額の目安:5千円〜1万円
  • のし・水引:のしつき、赤白の蝶結び
  • 表書き :「御祝」「祝 御入学」「御入学祝」
  • お返し:不要。お礼状を出しましょう。
    また、本人から「ありがとうございました」の言葉を伝えましょう。
 

マナーのトップページへ
  • バースデーカード
  • 読みもの
  • 毎月22日はありがとうを贈る感謝の日

モバイルショップ

毎月楽しむ感謝の日のある暮らし