マナートップ

七五三のお祝い

七五三のお祝い

身内でお祝い

七五三は、その土地の氏神様に参拝して、子どもの無事な成長を感謝する儀式です。
11月15日に、三歳を迎えた男の子と女の子、五歳を迎えた男の子、七歳を迎えた女の子に、晴れ着を着せて祝います。

当日は神社に詣で、記念写真をとったり、身内でお祝いの膳を囲むのが一般的です。
七五三は、ごく身内での行事ですので、お祝いを贈る場合は、先方とのお付き合いで内容を考えた方がよいようです。

お祝金

七五三 千歳飴
 

  • お祝いを贈る時期 :当日までに。祝い着は10月中旬までに
  • 金額の目安:5千円〜1万円
  • のし・水引:のしつき、赤白の蝶結び
  • 「表書き」:「御祝」
  • お返し:不要。子どもの名で「内祝」として贈ることも

 

神社へのお礼

  • お礼の相場 :祝詞をあげて、お祓いをお願いする場合、3千円〜1万円くらい。
    料金を決めている神社もあるので、聞いてみても問題ありません。
  • のし・水引 :のしつき、赤白の蝶結び
  • 「表書き」:「御初穂料」「御玉串料」 子どもの名前を書き、右上に年齢を書き添える


マナーのトップページへ
  • バースデーカード
  • 読みもの
  • 毎月22日はありがとうを贈る感謝の日

モバイルショップ

毎月楽しむ感謝の日のある暮らし