マナートップ

数のしきたり

数のしきたり

慶事は奇数、弔事は偶数

昔から贈り物をするとき、慶事は奇数、弔事は偶数というしきたりがあります。
近年では、偶数でも「八」や「二」は、慶事でもつかわれるようになりました。

「八」:漢字の形から、末広がりでめでたい数字とされています。

「二」:ペアで1組として、偶数でもOKです。
気になる場合は、一万円札1枚に、五千円札を2枚で枚数を奇数にします。

また、五万円以上になると、十万円、二十万円など、きりのよい数字で贈られることが多くなります。

 

数のしきたり

 


避けるべき祝儀の額(数)

避けるべきお祝いの額は、4万円、9万円です。
『死』(4)、『苦』(9)を連想させるため、礼儀として避けましょう。 


マナーのトップページへ
  • バースデーカード
  • 読みもの
  • 毎月22日はありがとうを贈る感謝の日

モバイルショップ

毎月楽しむ感謝の日のある暮らし